image

過払い請求で裁判所へ訴える

過払い請求の問題では、裁判所へ訴訟を申し立てることができます。

過払い請求は、自分だけで過払い金返還の請求をすることもできますが、弁護士や司法書士などの法律の専門家にこの問題の相談や依頼をしてみることが一般的です。

もしこの過払い請求で返還の請求をしたとしても相手の消費者金融業者が応じない場合、訴訟をすることができます。裁判所へ申し立てる際に弁護士に依頼をすれば任せることができ、依頼者に対し過払い金が返還されることでしょう。

又相手が大手の業者である場合は、弁護士に依頼をすることで和解に応じるケースが多くなります。このように過払い請求をする場合は、法律事務所に相談をすることで弁護士が依頼者の心強い味方になります。

過払い金の不明点は誰に相談すべき?

過去に消費者金融などを利用して、借金をした経験を持つ方であれば、返済が住んでから10年以内ならな過払い金の返還請求を行うことができる可能性があります。大阪や神戸に住んでいる方のケースでも、どこに過払い金について相談するのが良いのかを判断できない場合もありますが、現在では便利な方法が用意されています。

弁護士事務所の中には、過払い金の請求を得意としている事務所が存在しているので、お近くの該当する弁護士に相談する方法で、取り戻すことができる場合があります。不明点はいくら戻るのか、該当しているのかなどがメインになりますが、短時間にて明確にできるので、まずは弁護士と話し合いをすることが大切です。

過払い金請求のグレーゾーン金利について

過払い金を回収できるのは、グレーゾーンで借りていた方に限られます。 現在は最高20.0%までしか認められていませんが、かつては29.2%まで黙認されていたのです。 20.0%超~29.2%の部分の借入に関しては、グレーゾーンとして回収することができます。

過払いをしている方に共通するのは、消費者金融のカードローンやキャッシングを利用していたことです。 銀行ローンに関しては昔から低金利を売りにしていたので、利息を払いすぎていた心配はありません。 過払い請求は最終契約から10年経過すると行えなくなるので、早めに弁護士に相談して着手してもらいましょう。

自己破産より過払い請求で解決

自己破産を検討している人にとって、破産することが全てと思っているのは大間違いです。別の方法も用意されているので、なるべく負担を軽減できる方法も模索するようにしてください。支払っている金額の中に、過払いが混ざっているのであればチャンスもあります。

過払い請求を行って、金額を回収していく方法を採用すれば、大きな金額だってすぐに対応できるのです。自己破産だけが全てを終わらせるチャンスではなく、まずは金額的な部分も踏まえて検討することです。過払い請求を実施していれば、もしかしたら大きなお金を戻してくれるかもしれません。

過払い請求の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

過払い金請求関連

交通事故慰謝料を相談、債務整理、過払い請求、自己破産の内容に正しくない箇所があるかもしれません。

当サイトは参考程度でご利用ください。交通事故慰謝料を相談、債務整理、過払い請求、自己破産はお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにぴったりあった弁護士、司法書士がいます。