image

借金生活に困った時は弁護士や司法書士に自己破産

独身で一人暮らしをしていると、つい毎日のように外食をしたり、欲しいものがあれば何でも買うなど、無駄遣いをしてしまうので、お金がなくなるたびにカードローンに頼る人は少なくありません。

そんな生活を続けていると、あっという間に借金が膨らみ、返せなくなってしまうので、家族の誰からも助けてもらえないし、どうしたらいいかわからないという方があれば、弁護士や司法書士に借金相談をすることをおすすめします。

自己破産の手続きをしてもらうと、借金の返済に苦しめられなくなるので、昔のような安定した生活を送れるようになります。悩んで苦しくなってしまう前に弁護士や司法書士に相談することで、解決の糸口をつかみたいですね。

弁護士や司法書士の多くは無料借金相談を受け付けていますから、まずは話を聞いてもらうようにしましょう。

弁護士に依頼して自己破産をする

借金をして、どうしても返せなくなってしまった時は、自己破産という方法があります。これは裁判所に申請書を提出して、認められればこれまでの借金が全てゼロになるというものです。しかし自分で申請するのは大変ですので、弁護士に頼む事が多くなっています。

費用が心配だという人は、無料の弁護士事務所もありますので利用すると良いでしょう。自己破産は、メリットばかりの様に感じますがデメリットもあります。それは、家や車などの財産は全て手離さなければならないという事です。認められるのは現金のみで、20万円までとなります。

自己破産後の生活については弁護士に相談

自己破産した場合、財産を全て没収されて生活ができないというイメージを持っている方が多いです。しかし、実際には新しい生活をスタートさせるための、必要最小限の財産は手元に残すことが可能です。

この財産を自由財産といって、生活に欠かせない家具や電化製品などと、20万円以下の財産が挙げられます。ただし、自由財産は個人の自己破産で利用されることが多い手続きとなっています。そのため、状況によっては裁量免責を認めてもらえない可能性も考えられます。手続きができるかどうかは、まずは委任する弁護士に相談する必要があります。

自己破産は弁護士に依頼する

債務でどうにもいかなくなってしまったのであれば自己破産という手があることを考えて見ましょう。これは裁判所に強制的に決められた債務をチャラに、免責してもらうことができるのです。実はすべてを、というのは確定的ではありませんから、それは注意しておきましょう。

しかし、大抵は大丈夫です。ですが、これは裁判所を通すことになりますから弁護士にその手続きをしてもらうことになります。財産隠しなどがないことを色々と調べてもらう必要芋ありますから、まず弁護士を探す必要性がある、ともなっています。当然、依頼料金は支払うことになります。

自己破産の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

自己破産関連

交通事故慰謝料を相談、債務整理、過払い請求、自己破産の内容に正しくない箇所があるかもしれません。

当サイトは参考程度でご利用ください。交通事故慰謝料を相談、債務整理、過払い請求、自己破産はお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにぴったりあった弁護士、司法書士がいます。