image

自己破産と養育費

自己破産をした場合、今まで養育費を支払っていた場合はすぐに自己破産をする前までのように支払いを行うことは当然、難しいですが支払いの義務はそのまま残ります。

つまり、また経済的に余裕が出てきたら養育費を支払わなければいけないということです。

自己破産をしたから養育費を払わなくていいということにはならないので、いち早く経済的な安定を目指すことが一番の目標になると言えます。

誰かに毎月、決まったお金を支払わなければいけないと裁判などによって決められた場合はどんな時も忠実にその決まりを守らなければいけないということです。

多重債務による自己破産

多重債務で貧窮している場合には、地方裁判所へ自己破産の手続きをして借金を整理することができます。一定の財産を手放すことになりますが、借金を帳消しにして人生を再スタートさせる一つの手段です。

デメリットとしては、約7年間借り入れができないこと(クレジットカードや住宅ローンも含む)、保証人が入っている債務がある場合は返済義務が保証人側へいく等が挙げられます。特に後者は保証人に多大な迷惑をかける為、注意が必要です。また、多重債務となった理由がギャンブルや浪費であった場合、免責不許可となる可能性があります。場合によっては他の債務整理の方が適しているかもしれませんので、弁護士に相談してみましょう。

多重債務などで自己破産を検討したら知ってほしいこと

借金苦でもう返済できない、と悩むのであれば、最終手段である自己破産で解決することができます。複数のローン会社から借金をしたことで陥ってしまう多重債務は債務整理の大きな理由としても挙げられます。

以前に借りた利息分や今借りている分の返済が滞ってしまい、さらなる悪循環になる前に自己破産することで人生をリセットすることが可能です。しかし、この方法は最終手段であり、借金がなくなるというメリットのほか、財産を手放さなければならないことや金銭的な面でのローン組みなどの信用度が落ちる、家族に迷惑がかかるかもなどといったデメリットも踏まえる必要があります。

多重債務で自己破産という選択

2社以上の貸金業者から借金をしている多重債務者は、保証人もなく、財産もすべてないような場合は、最終的な手段として自己破産を考えます。貸金業者の取り立てはきつく、返済出来ずに、新たに新しく貸金業者から借金をする事にもなります。

利子さえも高額で、どんなに返しても元金は減りません。このような状況になったら、できればこうなる前に、弁護士などに相談をする事が大事です。早めに相談する方が、債務整理の方法は選択が多く、リスクやデメリットが少ないやり方で解決することができます。自己破産は借金した本人は返済をまぬがれますが、保証人がすべて返す事になります。

自己破産の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

自己破産関連

交通事故慰謝料を相談、債務整理、過払い請求、自己破産の内容に正しくない箇所があるかもしれません。

当サイトは参考程度でご利用ください。交通事故慰謝料を相談、債務整理、過払い請求、自己破産はお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにぴったりあった弁護士、司法書士がいます。