image

弁護士基準でもらう交通事故慰謝料

車を運転していても、していなくても交通事故に遭う可能性は誰しもあると思います。その際に怪我を負ってしまった場合、治療費を請求する、慰謝料を請求するなどさまざまな金銭トラブルに発展するケースも少なくないです。そこで弁護士を頼って仲裁をしてもらうと、適切な交通事故慰謝料を加害者から支払ってもらうことができますし、交通事故の被害状況によっては弁護士基準の金額と裁判所基準の金額は異なってくるので、少しでも多く支払ってもらえる可能性もあるのです。

事故に遭った瞬間は混乱してしまう方が多いですが、弁護士に依頼するなどしっかりとアフターフォローをする必要があります。

弁護士基準による交通事故慰謝料の請求

交通事故の被害者になった際には、加害者の方に交通事故慰謝料を請求することができます。なお、請求可能となるのは人身事故の時のみとなりますのでご注意下さい。基本的には保険会社が間に入って進めていきますが、ここに弁護士に入ってもらって交通事故慰謝料を請求すると、高額の慰謝料を手に入れる事が可能な場合があります。

理由は保険会社の慰謝料の算出より、弁護士基準で慰謝料を算出した方が高いからです。ただし弁護士に頼むとなると費用なども必要になるため、確実に高額が手に入るわけではありません。相談のみの場合は無料の事務所もありますので、気になる方は一度相談してみるのも良いと思います。

交通事故慰謝料の算定における弁護士基準について

交通事故慰謝料は、基本的には交通事故に遭い辛い思いをさせられたという被害者の精神的苦痛に対して、金銭的に償ってもらうものです。しかし、目には見えにくい精神的損害の大きさを、金額に置き換えるのは難しいことです。

そこで、公平かつ迅速に保険金額や賠償額を算定するために、3つの基準が導入されています。それが自賠責基準と任意保険基準、そして弁護士基準となるのです。

慰謝料の金額は算定する基準によって異なり、裁判の判例を基準とする弁護士基準が、この中で一番金額が高くなっています。そのため、相手方の保険会社などから金額の提案が合った場合は、その金額がどのような基準で算定されたのか確認することが大切です。

余計なことで交通事故慰謝料も増える

後から車に故障させる原因などを作っているなど、問題とされている行為をしている場合に、交通事故慰謝料が増額される可能性もあります。その時に行われていることを全てチェックされるようになり、事例によって最終的な判断をされるようになります。

この事例により、大きな問題が生じていく可能性もありますので、減額したいと思っていたら増額されてしまったという状況は起こりやすいのです。もし高くなっているようなら、交通事故慰謝料を増やす原因が何処かにあったとされています。余計なことをしたせいで、結果的に増えてしまった場合は反省してください。

千葉県弁護士会

http://www.chiba-ben.or.jp/

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13番9号

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故慰謝料関連

交通事故慰謝料を相談、債務整理、過払い請求、自己破産の内容に正しくない箇所があるかもしれません。

当サイトは参考程度でご利用ください。交通事故慰謝料を相談、債務整理、過払い請求、自己破産はお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにぴったりあった弁護士、司法書士がいます。