image

事業の借金から自己破産

実際に事業の借金から自己破産になる人も多く、その場合には設備投資など多額の借金をしている場合もあり、返済額が大きくなってしまう事もあります。収入を得ていても出ていくお金も多く、最終的に自己破産になってしまう事もある様ですね。

融資を受けないと事業ができない事もあると思いますが、最悪の場合には自己破産になる事もあります。無理なく返済できる様にして、自己破産を何としても避けたいですね。しかし、自己破産を恐れてばかりいると前に進めない事もあるかと思いますので、融資の際には慎重に行う様にしたいですね。無事に借金を返済する事ができ、会社がたくさんの収益を得る事ができればいいですね。

自己破産手続きは弁護士に依頼

収入や財産と照らし合わせて借金の返済が困難であると判断された場合には、自己破産をすることが可能です。これをすることにより借金返済の義務が免責され、生活を立て直すことができます。一番のメリットは全額返済免除となるところですが、その代償としていくつかのデメリットも存在します。

まず、99万円以上の現金や時価20万円以上の価値がある財産は処分されます。また、手続き中には警備員など特定の職種に就くことが制限されてしまいます。自己破産するには裁判所への手続きが必要となるため、弁護士への依頼が不可欠といえます。

自己破産の相談は弁護士に

自己破産は債務整理の方法の一つですが、債務超過の状態を解消するには、何種類かの方法を詳しく検討する必要があります。相談相手は弁護士が最適です。債務整理に詳しい弁護士は、まず債務整理解消のプランを立ててくれるはずです。

相談者に適した債務整理の方法を模索し、どのプランが適当かどうかをアドバイスしてくれます。いよいよ自己破産を選んだ後も手続きのほとんどを代行してくれますので安心です。裁判所への書類の手続きなどは素人でもできますが、時間と労力は並大抵のものではありません。債務整理のプロに依頼して、スムーズな手続きで免責による債務整理を実現しましょう。

多重債務による自己破産について

多重債務の状態が続くと日常生活に様々な悪影響が出て来ます。債務の事ばかりを考えるようになり、精神的にも肉体的にも疲弊します。また、返済が遅れがちになって連絡が不十分であると職場にも連絡が来る事になり、最悪の場合は退職に追い込まれる事もあります。

このような状態に陥る前に自己破産を検討してみるべきです。免責が下りた場合、一部の物を残し土地や自宅等の資産は手放す事になりますが、多重債務は全て無くなり新しい人生をスタート出来るようになります。一定期間で一部の職業制限等がありますが、それ以上のメリットがあります。

自己破産の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

自己破産関連

交通事故慰謝料を相談、債務整理、過払い請求、自己破産の内容に正しくない箇所があるかもしれません。

当サイトは参考程度でご利用ください。交通事故慰謝料を相談、債務整理、過払い請求、自己破産はお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにぴったりあった弁護士、司法書士がいます。