image

自己破産だけでない解決策

借金問題の最後の砦と言われる事もある自己破産ですが、一度行ってしまうとそれからが財政的にしんどく感じられる事もあるでしょう。ですので、自己破産を回避しようと努力をする人もいます。実際の解決策というのは、自己破産だけではありません。

自己破産というのは、住宅を失う事もありますが、マイホームは維持しながら解決するという方法もあります。しかし、深刻過ぎる場合には、自己破産しかないという事もあります。

先行きが怪しいとなった時には、状態を常に正確に把握する様に心掛け、すぐに相談ができる様に、法律事務所を探し始めるのもいいと思います。また、借入の際には、返済中にどんな事があるか分からないという事を忘れない様にしたいですね。

借金相談で自己破産の適否を判断してもらう

借金相談は弁護士がしています。弁護士の活動の最も基本的なことで、ここから仕事の依頼に発展することも多いです。そして、自己破産を検討している人は、弁護士に借金相談をするのが良いです。

自己破産は、債務がなくなる可能性がある一方、信用機関に登録されたり、官報に掲載されたりと不利益も負います。そのため、他の手段が用いられるのであれば、わざわざ利用する必要はありません。例えば、長い間借りている人は、過払いが発生している可能性もあります。本人が気づいていない場合もありますので、弁護士に相談することで検討をしてもらうことが可能です。

弁護士が自己破産を進める時

自己破産は、借金が返せなくなって財産が何もなくなってしまった時の最後の手段です。弁護士が最初に選ぶのは最もリスクが少ない任意整理ですが、安定した継続的な収入がなければ認められません。自己破産は借金が免責されますが、財産が残っていれば没収されます。

手元に残せるのはわずかです。マイホームや自動車はもちろんなくなります。預貯金は20万円以内です。現金は99万円まで認められます。破産した情報が官報に載ったり、しばらくの間ではありますが職業が制限されたりリスクが高いです。保証人がなく、財産が何もない場合には適しています。

全ての債務が免除される自己破産の手続きを弁護士がサポート

裁判所から免責許可をもらって自己破産をするためには、破産申立書を提出する手続きが必要となります。収入額に対して負債額が大きすぎるなど、返済が難しいと判断された場合に有効な手段です。免責許可が下りると、税金などの一部を除いて、抱えていた借金を返済しなくてよくなります。

デメリットとしては、決められた範囲を超える財産を手放さなければならないことがあげられます。ただし、家財など生活に必要とされるものは所有が認められます。回収された財産は換金され、債権者へ配当されます。自己破産に関しての手続きは、弁護士に依頼することが可能です。

自己破産の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

自己破産関連

交通事故慰謝料を相談、債務整理、過払い請求、自己破産の内容に正しくない箇所があるかもしれません。

当サイトは参考程度でご利用ください。交通事故慰謝料を相談、債務整理、過払い請求、自己破産はお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにぴったりあった弁護士、司法書士がいます。